静音化して安定動作させるならばケースファンは必須。ただし付け過ぎには注意。
一体どれだけつければいいの?
答えは簡単。ケース内部の熱の流れを考えて取り付ければいいんです。通常のケースは前面から吸気して背面から排気です。これは変わりません。そして熱は下から上へ移動します。それさえ把握できていれば選んだケースに前面と背面にケースファンを着ければいいだけ。と言いたい所ですが、ケースに付属のケースファンがありますよね?これは大概五月蝿いです。五月蝿いのにあまり風量が無かったりします。なので出来れば交換したいところです。
ケースファン選びのポイントは風量と騒音レベル(dB)です。騒音レベルが低くても風量が少ないとつけてる意味が無くなります。つけるなら風量の多いものを。